女だけに限りません。あなただって、自分を監視し、直視する人に好意を感じ無いはず。
>>詳細はこちら
会社の上司とか、バイト先の店長とか(笑)


どんなに人のいい上司であっても、あなたは「見られてる」と常に意識しているし、心のどこかで、やっぱり油断してないでしょう?

あなたに直視されている、あなたに意識されているナと感づいていた女たちも、上司からあなたが感じているプレッシャー(圧力)と、同じようなプレッシャーを、あなたから感じている んです。

その状態で、いきなり食事になんて誘えば、確実にNOでしょ?って話。
>>どうすれば良いのか?気になるならこちら


女のほうを見たいのはわかる。自分の意識が、ついつい、好きな女のほうに行っちゃうのもわかる。

でも、近くに居すぎない。プレッシャーを感じさせない。

周囲の誰もがうらやむ、そのカワイイ女を、いつの間にかオトせているのは、常に女の近くに居よう!女をそばで見ていよう!とした男たちではなく ちょっとだけ離れていた男です。



つまり、モテる男たちは(恋愛に苦悩していている男たちとは真逆で)常にちょっとだけ離れて女をみている。女と接している。余計なことして、女にプレッシャーを感じさせない。

つまり【女と距離を取るのが、抜群に上手い】【拒絶ではなく、上手に無視ができる】んです。
>>上手な無視の仕方が気になる方はこちら